この子は自分の嫌いな「人間」に成り下がってしまっている。
――それは,きっと,私のせい。 

                  

 
タイトル: 天使の品格

価格: フリーウェア (無料)  

ジャンル: 長編ロールプレイングゲーム

企画・製作: アトリエそらくじら 

必要構成など各種情報はこちら をご覧ください。
(ゲームファイル同梱テキストファイルにも記されています。)
面積事項・著作権情報については同意された上でゲームをプレイしてください。

*現在製作を進めている作品のご紹介をします。物語に背徳的で扇情的な表現を含みますので完成版には年齢制限が加わります。
現在は物語を簡単に解説したダイジェスト版をダウンロードすることができます。ダイジェスト版は全年齢対応です

ダイジェスト版(全年齢対応)のダウンロードは
こちらから   
     
公開記念壁紙フリーダウンロードこちら

[アトリエそらくじらのページに戻る]




< 概 要 >
突如人間から襲撃を受けた龍の青年は母親によって人間の姿に変えられ難を逃れる。
しかし,母親は人間の手によって殺められ,青年は人間となった自分の姿に深い嫌悪感を抱く。
そこに聖女の力を持つ女性が訪れ,青年は拒みながらも彼女とともに道を歩むことになる。
人間である自分を嫌い,人間である彼女を拒み続ける毎日。しかし自分の心の隙間が次第に彼女で満たされていくことに気づいていく。
――いつの間にか,二人は恋に堕ちていた。恋愛という「人間的なもの」に溺れる自分から,青年は逃れられなくなっていた。



< 登 場 人 物 >

ryu



名前:リュウ

性別:男

年齢:19歳

武器:剣

もとは龍の青年。亡き母の力によって人間の姿に変えられる。
母を奪った人間を呪い,人間と同じ姿をしている自分を忌み嫌うが,
セフィーラに心を奪われることで人間である自分から逃れられなくなっていく。





cefira



名前:セフィーラ

性別:女

年齢:26歳

武器:言霊

傷を癒すことができる聖なる力をもつ女性。旅の途中でリュウと出会い,
傷ついた彼を救う術を探すために連れて行くことを決心する。
自分を拒み,時には暴力さえ振るう彼に,セフィーラは聖母のような優しさで愛を注ぐ。
しかし,その愛は次第に形を変えていき――彼女もまた,一人の女であった。





< 各 章 の 紹 介 >

第一章:おびえている
人間の襲撃によって母を失ったリュウ。死ぬ間際に母の遺した「あなたは人間として生きていきなさい」。そして,人間の姿に変わってしまった自分。
何をすべきかわからず困り果てているところにセフィーラが手を差し伸べる。人間である彼女を拒みつつも頼るしかなく,リュウは彼女と共に人間の世界に旅立つことを決意する。

おびえているこの子を,私は可愛いと思ってしまった。
「この子」と言うには既に大人の身体なのに。
このときから,私の頭はおかしかったのかもしれない。

 



第二章:見つめている
セフィーラとの旅を続ける中,リュウは母を奪った人間の襲撃が昨今頻繁に生じている戦争と関係していることに気づいていく。
最初はセフィーラを拒みつつも,時には攻撃しつつも,リュウは次第に彼女を受け入れるようになっていく。彼女への信頼が培われていた。もう一つの感情も,それと同時に。

この子が私の寝ている姿を見ていることに私は気づいていた。
そして何を考えているのかも,大方検討がついていた。
おそらく,この場で一番不自然であったのは,
この状況を受け入れてしまっていた私,に違いない。

 



第三章:止まらない
きっかけは突然にして生じる。リュウはセフィーラに唇を奪われる。このとき,何かが崩れてしまった。いや,既に崩れていたことに気づいてしまった。
二人の世界が崩れるとともに,現実の世界も均衡を崩していた。時代は,全種族を巻き込む大戦争へと進もうとしていた。

いけないことをしているのはわかっていた。
この子を救うつもりが,いつの間にかこの子に救いを求めていた。
だけど,気持ちを止めることができなかった,
この子も同じ気持ちであることが,わかってしまったから。

 



第四章:君を忘れない
大戦争は増長した天使によって引き起こされたものであることがわかった。決死の戦いを前にして,二人は愛し合う。
この後何があっても悔いの残らないように。愛し合うほど悔いが残ることをわかっているのに。
セフィーラはどこからやって来たのか。愛する人に当然のように持つはずの質問をリュウは抱き始めていた。
しかし,その答えを聞くことができないまま,最後の戦いの日がやって来る。

この子は私と出会うべきではなかった。
この子は自分の嫌いな「人間」に成り下がってしまっている。
――それは,きっと,私のせい。
もはや逃れることはできない。
それは,私にとっても,同じこと。
 




<操 作 方 法 >

A ゲーム開始
インストール操作の必要はありません。Game.exeを起動するとゲームが始まります。

B ゲームの削除
フォルダごと削除してください。アンインストール操作の必要はありません。

ALTキーとF4キー同時押し: ゲーム終了。
F12キー: タイトル画面に戻る。

台詞が表示されたらZキーもしくはスペースキーを押して進めてください。それ以外の操作は必要ありません。

 


< 免 責 事 項 >

このゲームを使用することで使用者側に不利な出来事(損害・事故)が生じた場合、それがいかなるものであっても、製作者および配布元は一切責任を負いません。
製作は慎重に行なっておりますが、人によっては表現・演出が不適切であると感じる場合があるかもしれません。しかし、決して悪意はありませんので何卒ご理解ください。


< 著 作 権 情 報 >

このゲームはフリーウェアですが、著作権を放棄するものではありません。
このゲームの無断転載、および無断商用利用を禁じます。
このゲームの中から素材を取り出して使用することを禁じます。
この作品のプレイ動画の公開・掲載を禁じます。ただし、動画のデータが残らないようにしたリアルタイム配信であれば許可します(その際の許可を求める連絡は不要です)。

本作品の作成には
WOLF RPGエディター(SmokingWOLF様 http://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/
および、これにデフォルトに備わっている画像、音楽等の各種素材
を使用させて頂きました。

フォントは
梅明朝(蓬莱和多流様 http://sourceforge.jp/projects/ume-font/wiki/FrontPage
を使用させて頂きました。





< 完 成 予 定 日 >
永遠の未完成。


< 最 後 に >
今日は2012年4月1日,エイプリルフールです。



< 公 開 記 念 壁 紙 フ リ ー ダ ウ ン ロ ー ド >
「天使の品格 ダイジェスト版」公開記念として、タイトル絵の壁紙をフリーでご利用頂けます。下画像一点が対象となります。
クリックして別ウィンドウで表示された大きいサイズの壁紙を右クリックから保存でお持ち帰りください。
(このページに表示されているものは縮小してありますので、必ずクリック先の壁紙をお持ち帰りください)
(こちらの画像・及び素材ページ内の画像以外はフリーダウンロード対象ではありません。)




[先頭に戻る]

[アトリエそらくじらのページに戻る]




© Atelier Sorakujira All Rights Reserved.