アトリエそらくじら / 製作者紹介のページ

 

 

 そらくじらA

 そらくじらB BのpixivID

担当 

 シナリオ、キャラデザイン、エディター操作  デジタル画像、キャラデザイン、素材作成、
 ホームページ管理

好きなゲーム

 ロマンシング サ・ガ 2&3、聖剣伝説3、
 シャイニングフォース2、ランドストーカー、影牢
 デュープリズム、ファイナルファンタジータクティクス、
 ヴァルキリープロファイル 


ごあいさつのようなもの (開発日誌より一部を修正)

アトリエそらくじらって何?

 アトリエそらくじらの発端になったのは、Aがウディタの存在を知ったことにあります。RPGは好きでしたし、小さい頃から何かを作るのは好きでしたので、フリーで作成できる環境があるなら是非やろうと思ったわけです。で、問題になったのが画像でした。世界を表現するのにキャラの画像を自作するのは有力な手段です。私は、キャラのデザインを思いつくぐらいはできましたが、デジタル画作成となると全く方法を知らず、時間がかかりそうだなと思いました。

 そうしたら、Bが二次創作を趣味としていたことを知りましたので、打診をしたところOKをもらえました。とはいっても、Bの立場にしてみたら、自分の趣味に合わない絵を書かされるのは苦痛でしかない(と思う)ので、Bの好きだった(私も好きだった)ゆるキャラを敵キャラに加えることにしたのです。その方法は上手くいっていると思っています。

 前にも触れたとおり、キャラのデザインは私がして、その中の良さそうなものをBがデジタル画にしています。そんな方法で画像を作成している中で、私が「そらくじら」っぽいのを書いたらBが気に入り、「そらくじら」ができたわけです。名前はその後についたのですが、じゃ、ハンドルネームも「そらくじら」にしようとなったわけです。

 主にウディタを使ってRPGをはじめとするフリーゲームを作っていこうと思っています(製作ツールをウディタに限定しているわけではありませんが、かといって今のところ他のものを使う予定もありません)。


そらくじらAの自己紹介

 私は、キャラクターデザイン、エディター操作、ホームページ作成を担当しています。ほとんど全部ですね。なのでここでの連絡もほとんど私がしています。そらくじらBはツイッターをしているみたいなので、自己紹介はそちらでするかもしれないですね。私はハンドルネームに似合わず感情的な性格なのでツイッターなんかできません。やったら痛いことになります。性別はご想像にお任せします。

 登場人物と敵のデザインは、ほとんど自分でやります。それをそらくじらBに送ってデジタル画像にしてもらっています。その際に修正が結構入ります。私はメランコリアな絵が好きです。誰かに訂正してもらわないと万人受けする絵にならないです。

 昔はスーファミやプレステなんかでよく遊んでいました。メガドライブも好きでした。そうです、老人です。30才に満たない。プレイしていたのは王道RPGが一番多かったかな?たまに「影牢」みたいなゲームもやりましたが、ホラー系統は範囲外でした。興味無いわけではないですが。

 最近は、遊びに長時間を費やすようなことができなくなってきましたので、短時間でできるフリーゲームにお世話になっています。短時間で楽しめられるのはフリーゲームの魅力の一つだと思います。ウディタの公式サイトにあるゲームをもっと遊んでみたいのですが、10時間を越えるようなものには手を出せずにいます。やってみたいのですが。あと頭を使うような複雑なシステムのものにも手が出せずにいます。

 ゲーム作成の心構えとして、一風変わっているけど、ゲームが苦手な人から得意な人まで楽しめるようなものを作りたいと思っています。今後もよろしくお願いします。


やってきたこと

2010年
  10月頃 結成。

2011年
   1月    RPG「J」を公開。
    3月    ウディフェスにおいて、「デジタル紙芝居『くものくに』」を公開。
    4月    ADV「50代男、ピアノを始める」を公開。
   10月  RPG「Twilight港町」を公開。

2012年
  2月    ウディフェスにおいて、ADV「Twinkle Light -照心-」を公開。
   4月    ADV「天使の品格」を公開。

2013年
    2月    ウディフェスにおいて、 ARPG「祝福−天使の品格−」を公開。
    4月    ADV「オトメオーバーリアクション(プロモーション版)」を公開
    6月    ARPG「Candy Blade!」を公開。

© Atelier Sorakujira All Rights Reserved.